HOME >> 近江酒


近江酒について

滋賀県は、面積の6分の1を占める琵琶湖を中心に、東の伊吹山、鈴鹿山、西の比良山、比叡山に囲まれた盆地になっています。
山々から流れ出る豊かな地下水と、古くから穀倉地帯として栄えてきた地元産米などで作られる滋賀の日本酒は、淡麗というよりはふくよかで奥行きのあるお酒が多くなっています。
それでいて後味がすっきりしているのも特長です。

また、滋賀の山々から流れ出る水はそれぞれの地域ごとに性質が異なります。
そのため同じ滋賀県でもその地域ならではの味と香りをもった地酒が生まれます。
世界の様々なお酒の中でも、日本酒は水が味を大きく左右しますが、このような地形的特長に恵まれた滋賀県は美酒の宝庫となっており、滋賀県では個性あふれる蔵元が実に50以上も存在しています。

日本酒には米や酵母も重要な役割を果たします。琵琶湖の良質な水に恵まれた滋賀県では美味しいお酒を造るための原料であるお米にも恵まれています。
滋賀県では地元産の米を使っている酒蔵も数多く存在し、米の品種や各蔵で使用される酵母によっても異なった味わいとなります。
酵母は生き物のため、その年の気候や温度、湿度などなど様々なものが影響します。そのため、日々のたゆまぬ酒蔵の努力の賜物が美味しい近江酒を生み出しています。

滋賀県では酒蔵見学やお酒の試飲が楽しめる酒蔵も数多くありますので酒蔵ツアーや利き酒会などでもぜひ滋賀県の地酒をご賞味下さい。
滋賀県ならではの銅鐸型のお酒や大津絵が描かれたお酒など手土産としても喜ばれる商品も販売されています。
数ある近江酒の中からぜひあなたにぴったりの日本酒を見つけてみてください。

「日本酒」にて、41商品見つかりました。

お米のいのちとふれあう宿場町水口の地酒
安藤広重の東海道五十三次水口宿のラベルや地元の古城山のラベルなどを使っており、ふるさとのおみやげや進物にお薦めいたします。 口当たり...

店舗名:西田酒造株式会社

詳しく商品をみる

原酒みなくち 上撰酔小町・吟醸酒古城山

草津市を冠に持つ当店オリジナルの清酒・焼酎・ビール・ワインの販売にも力を入れています。 宿場の酒 本陣『草津の宿』生貯蔵 720ml 1,575円(税込) 近江地ワイン草津「あおばな健...

店舗名:株式会社﨑村商店 SAKIMURA

詳しく商品をみる

宿場の酒  本陣『草津の宿』生貯蔵 他

高月産の玉栄を100%使用し、古来より伝わる製造法により製造。 飲みやすい旨味のある深い味わいを楽しんでいただけます。   ※純米酒・純米にごり酒 ともに720ml 1,200円(ケース入り・税込)...

店舗名:山岡酒造 有限会社

詳しく商品をみる

月の観音(純米酒・純米にごり酒)

桑酒 他

長浜市

北国街道純米吟醸は、長浜産の無農薬栽培米山田錦で仕込んだ辛口のお酒。 桑酒は、もち米・麹・桑の葉を使って仕込んだリキュール。 自然の甘さであと口すっきり。 疲れを癒します。...

店舗名:山路酒造有限会社

詳しく商品をみる

桑酒 他

百済寺では、室町時代に寺中で酒が醸造されており、その味わいは濃醇で銘酒の誉れ高く都では超一流の酒として室町幕府に珍重されていたそうです。 飲み口爽やかな「百済の里」ご賞味ください。...

店舗名:に志ざわ酒店・おかむら酒店

詳しく商品をみる

幻の銘酒「百済の里」

美しく咲く桜のようにと願いを込めたお酒   鈴鹿山系からの良質な伏流水と、地元で造られた酒造好適米を用い、長年の経験と勘が冴える能登杜氏の手により酒造りをしております。 水・米・造...

店舗名:増本藤兵衛酒造場

詳しく商品をみる

薄桜(うすさくら) 他

西堀榮三郎は、日本初の南極越冬隊隊長として10人のチームを率いました。 他人の意見を否定しない。 「出る杭をのばせ」「まず褒めよ」がモットーで、口癖が「まあいっぺんやってみなはれ」...

店舗名:湖東酒栄会

詳しく商品をみる

特別純米酒・純米吟醸酒「 やってみなはれ」

さかせオリジナル清酒は黄綬褒章受章 能登杜氏四天王の管理酒蔵にて製造。...

店舗名:有限会社さかせ

詳しく商品をみる

さかせ正宗・桜賀和(さくらがわ)

酒槽(さかぶね)の垂口から流れ出た原酒生酒を一切手を加える事なく皆様に量り売りいたしております。 また、ラベルは、お客様のお好きな言葉、メッセージなどを書いていただくことが出来ます...

店舗名:澤酒店

詳しく商品をみる

本醸造原酒生酒(量り売り)

野洲市は古くから文化の栄えた土地として知られています。 出土した大量の銅鐸は野洲市のシンボルであり、古代近江の歴史ロマンに思いをはせる「しるべ」を清酒ボトルでお届けします。...

店舗名:鷲田酒店

詳しく商品をみる

日本酒 吉兆銅鐸 300ml

このページの先頭へ